●社員研修・参加者様の声【2】(一部抜粋)

このページでは、「売れるチラシの作り方・社員研修」に参加された方のお声や

感想について、ご紹介させていただきます。

 

 

■業種:整体・健康サービス


「求人広告のことも知れて良かったです!」。

■新規獲得の為のちらしの内容だけではなくて、求人広告のことも知れて良かったです!

お客様のお声をきく、ということを改めて実践していくと共に、スタッフの声もきいて、

スタッフもお客様も笑顔あふれるお店づくりをしてきます。

今日は参加できてとっても良かったです。ありがとうございました。

 

「我流で作っても伝わらないと感じました」。

■我流で作っても伝わらないと感じました。ありがとうございました。

 

「5項目を知ることができてすごく参考になりました」。

 ■チラシに対して全く知識がなかったので、

レイアウトイメージや5項目を知ることができてすごく参考になりました。

 

「チラシ以外でも接客の参考になると思った」。

■お客様目線に立つためにアンケートで、自身の強みを知る事が大切というのは

チラシ以外でも接客の参考になると思った。

 

「ポップの作成にも応用したいと思います」。

■自分の伝えたい事をつめこむポップを作りがちなので、

今日勉強した事をチラシだけではなくポップの作成にも応用したいと思います。

 

「あっという間の時間でした」。

■あっという間の時間でした。今まで自分で考えていた事と違い、

すごく参考になる事ばかりでした。思い直してみると、しっかりと説明せず、

自分の考えばかりで行動していた気がします。

 

「自分のチラシの抜けてる所が理解できた」。

■自分のチラシの抜けてる所が理解できた。お客様目線のチラシ作りをしたい。

 

「広告作りの基本が理解できた」。

■広告作りの基本が理解できた。アンケート→チラシ作りに活かすという作成過程を

知ることができ、参考になりました。今後の参考にさせていただきます。

 

「知らず知らず会社目線での内容になっていた」。

■お客様目線で作っているはずのチラシだったが、

知らず知らず会社目線での内容になっていた。

お客様が今何を求めているのかを把握する等マーケティングが大事なことがわかった。

 

「載せる言葉や表現についても参考になりました」。

■自分の考えを優先することが多かったのですが、

お客様の声をしっかりと聞くのが大事だと学びました。

載せる言葉や表現についても参考になりました。

 

「とても参考になった」。

■伝えなければいけない事の内容を知ることができ、とても参考になった。

 

「何種類かチラシの制作をしたいと思いました」。

■複数のターゲットに向けて、何種類かチラシの制作をしたいと思いました。

 

「一度、チラシを作ってみます」。

■大変参考になりました。一度、チラシを作ってみます。

ターゲット・キャッチコピーの書き方、参考になりました。

 

「文字よりも写真の方がいいと思い込んでいました」。

■文字よりも写真の方が受けがいいと思い込んでいました。

細かい文字でもお客様が読みたいと思えば読む。

そのためにも相手の求めている事が大事だということが分かりました。

 

■業種:サービス業全般様


「何が大切かを考えさせられた時間となりました」。

■何を目標に何を目指して、集客するのか?アンケートのとれる人間関係、

アンケートによって人のつながり、何が大切かを考えさせられた時間となりました。

ありがとうございました。

 

「答えてもらうということが響きました」。

■ターゲットコピー、自分で考えず、

お客さまに答えてもらうということが響きました。

 

「今までと違ったチラシづくりが出きそう」。

■今までと違ったチラシづくりが出きそう。

お客様との距離感や受け取り方の違い大切と分かった。

 

「名刺のデザインを変えてみようかと思った」。

 ■色々な業種の方が、悩まれているのがわかりました。

名刺のデザインを変えてみようとか思った。

 

「それをチラシに当てはめるだけで成約率が上がる事におどろいた」。

■自分で考えないで、お客様にアンケートをとり、

それをチラシに当てはめるだけで成約率が上がる事におどろいた。など他多数。