お客様の感情目線で考えてみる

例えば、

お客様が不安に思うこと、

別の言い方をすると、

 

「大丈夫かな~」

 

「買っても失敗しないよね」

 

「買ったら自分の

 イメージ通りになるよね」

 

など、

 

・これから購入しようとしている

 買い物は失敗しないかどうか?

 

を確認しています。

 

 

 

ということで、

 

今回は、

「お客様の感情目線で考えてみる」

についてご紹介いたします。

 

■お客様の感情目線で考えてみる。

 

突然ですが、

お客様はあなたの商品やサービスを、

 

「購入しようかな~」

「どうしようかな~」

「やっぱりやめておこうかな~」

 

と検討している時に、

 

「何」について、

 

・検討

・考察

・確認

 

していますでしょうか!?

 

 

品質?

価格?

売り?

 

もちろん、上記の観点も含め、

様々な要素があると思いますが、

 

その中でも、

 

お客様が購入時に関する

「感情的な優先事項」

 

 

・「買い物を失敗したくない」

 

 

という要素を押さえてみてください。

(人間は感情の生き物ですからね)

 

 

実際のところ、

あなたも似たような

ご経験はありませんか!?

 

(例:ん~これ買って大丈夫かな~)

 

 

基本的に

 

・お金は大切なもの

 

と考えた場合、

 

・なるべく失敗したくない

 

と考えるのが普通の道理かと思います。

 

 

ですので、

せっかくここまで、

スクロールして

いただいておりますので、

 

今回は、

------------------------------

初めての買い物でも

失敗しにくい仕組みがあること

------------------------------

を意識してみてください。

 

んっ?

 

失敗しにくい仕組み?

 

えぇ。

 

例えば、

お客様が不安に思うこと、

別の言い方をすると、

 

「大丈夫かな~」

 

「買っても失敗しないよね」

 

「買ったら自分の

 イメージ通りになるよね」

 

など、

 

これから購入しようとしている

買い物は失敗しないかどうか?

を確認しています。

 

ですので、例えば、

 

■購入すると、

 どんな展開が待っているのか?

 

※特に商品の場合は、

 商品が到着して、

 どんな手順で組み立てたり、

 進めていけばいいのか?

 

※自分でも使いこなせるかな

 

※万が一の場合の返金や

 返品はあるのかなを確認しておきたい

 

■購入すると、

 どんなベネフィットが期待できるのか?

 

※特に商品の場合は、

 どんなシュチュエーションで活用できるのか?

 

 自分の描いているイメージ通りに使えそうか?

 

 自分の描いているイメージ通りの

 アドバイスがもらえそうか?を確認しておきたい

 

など、

 

・到着後

・購入後

・当日

 

の展開をなるべく時系列で、

 

イメージできるように

記載してみてください。

 

その他、

 

■実際に購入した方は

 どんな感想を持っているのか?

 

といった「第三者視点」も、

忘れずに確認してみてください。

 

ご存知の通り、

お客様は自社のアナウンスも

参考にしますが、

 

もちろん、内容にもよりますが、

どちらかと言うと、

 

第三者の評価(ユーザー目線)

 

いわゆる、

 

・レビューや口コミ

 

を見て、確認してから、

 

最終的に

 

判断(失敗しないかどうか)します。

 

ということで、長くなりましたが、

 

あなたの

 

・チラシやパンフレット、

 

・ホームページにございます

 商品・サービスページ

 

は大丈夫そうですかね!?

 

自社のチラシ・パンフレット

ホームページを見た際に、

 

お客様は

 

「よし!イメージできた!

 これなら失敗しなさそうだし、

 大丈夫そうだね!」

 

と思ってもらえそうですか!?

 

よろしければ、念のため、

確認してみてくださいね☆

 

ということで、

 

今回は、

「お客様の感情目線で考えてみる」

についてご紹介いたしました。

 

今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

何か1つでも参考になっていれば幸いです。