まずはファーストビューを意識する

例えば、Googleの検索画面で、

 

「ダイエット 2ヶ月 10キロ」

 

という検索をしたとしましょう。

 

この検索者の意図は、

 

文字通り、

 

・「2ヶ月で10キロ痩せたい!!」

 

という希望・欲求や、

 

 

・「2ヶ月で10キロ痩せる方法はないかな?」

 

・「2ヶ月で10キロ痩せる方法はないかな~」

 

と質問・探している

 

背景や傾向があります。

 

ということで、

 

今回は、

「まずはファーストビューを意識する」

についてご紹介いたします。

 

■まずはファーストビューを意識する。

 

最近、よく、

 

・ランディングページ(LP)

 

という言葉を、

 

見たり、聞いたり、言ったり

という場面があるかと思いますが、

 

ところで、そもそも、

 

「ランディングページ」って何?

 

 

そうですよね。

 

えぇ。

 

ランディングページの

定義・解釈等は

様々にありますが、

 

基本的に、

ランディングページ

(Landing Page)とは、

 

・検索結果や広告などを経由して

 訪問者が最初にアクセスするページ

 

とされています。

 

「んっ?」

 

また、訪問者がホームページに

着地する(land)イメージから、

この名称が着いたとされています。 

略して「LP」とも呼ばれています。

 

「んっ?」

 

つまり、検索結果等に対して、

 

・「ピンポイント」のぺージを

  用意しておき、

 

・「ピンポイント」で

  解決策を提案する

 

といったイメージですかね。

 

「んっ?」

 

例えば、Googleの検索画面で、

 

「ダイエット 2ヶ月 10キロ」

 

という検索をしたとしましょう。

 

この検索者の意図は、

 

文字通り、

 

・「2ヶ月で10キロ痩せたい!!」

 

という希望・欲求や、

 

・「2ヶ月で10キロ痩せる方法はないかな?」

 

・「2ヶ月で10キロ痩せる方法はないかな~」

 

と質問・探している

 

背景や傾向があります。

 

ここまでOKですか!?

 

 

ですので、

このときに、

(検索結果に対して)

 

・「2ヶ月で10キロ痩せられる

  方法がありますよ~」

 

というお見合い型のページ、

 

別の言い方をしますと、

 

・「2ヶ月で10キロ痩せられる

  商品・サービスページ」

 

を用意し、

 

ページ内で、解決策を提案し、

 

ページ内で、

 

・お問い合わせ

・お申し込み等

 

のアクション(行動)を

ゴールとするページのこと

 

=ランディングページ

 

といったイメージです。

 

ですので、

ホームページが総合型に対して、

 

ランディングページは、

1つのお悩みの特化型として、

 

イメージされると良いかと思います。

(1チラシ=1メッセージのイメージです)

 

何となくわかったような。。

    ↑

  でも大丈夫です(笑)

 

ということで、

前置きが長くなりましたが、

 

もし、仮にあなたが、

 

ランディングページを

作成されるようでしたら、

まずは「ファーストビュー」を

意識してみてください。

 

「ファーストビュー」とは、

画面がスクロールしていない状態、

(クリックして最初に見える画面のことです)

ゼロスクロールとも言いますね。

 

ということで、

 

可能でしたら、

「ファーストビュー」には、

 

1.対象者の指名

(ビフォー)

 

2.メリット

(ベネフィット・アフター)の訴求

 

3.商品・サービスの紹介

(お申込みボタン)

 

いわゆる、

 

ランディングページの

TOP画面には、

(クリックしたページには)

 

・〇〇でお悩みな(1)の方へ

(感情のカテゴリーを意識してみてください)

 

・〇〇が(2)になる

(到達点を意識してみてください)

・(3)の商品・サービス

(ここは商品名や会社名になりますね)

 

ということが、

 

「パッと見て」

「サッと見て」

 

わかるように

意識してみてください。

 

もちろん、

個人差はありますが、

 

お客様は最初の画面を

 

「パッと」見て

「サッと」見て

 

その先(下)を

読むかどうか決めるからです。

 

(人は自分に関係があるかどうかを

 即時に判断しますので)

 

えぇ。

 

あなたも検索した際に、

 

「パッと」見て

「サッと」見て

 

これ違うな・・

戻るボタンクリック

左上のところ

 

といった

 

似たような

ご経験はありませんか?

 

ということで、

繰り返しになりますが、

 

もし、仮にあなたが、

 

今後ランディングページを

作成されるようでしたら、

 

まずは「ファーストビュー」を

意識してみてくださいね☆

 

ということで、

 

今回は、

「まずはファーストビューを意識する」

についてご紹介いたしました。

 

今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

何か1つでも参考になっていれば幸いです。