例えば、3つの視点から成長を考える

一見、

矛盾するかもしれませんが、

 

2つめのポイントは、

 

・家族

・夫婦

・恋愛

・恩人

・大切な人

 

との時間をとることです。

 

ということで、

 

今回は、

「例えば、3つの視点から成長を考える」

についてご紹介いたします。

 

■例えば、3つの視点から成長を考える。

 

あなたも、ご存知の通り、

ビジネスの基本は、

 

「相手のお役に立つこと」

 

ですが、

 

別の言い方をしますと、

 

「相手に貢献できること」

 

と捉えることもできます。

 

ですので、

ビジネスにおいてフォーカスする点は、

 

・相手に貢献すること。

 

・それができる

 自分に成長すること。

 

といった

イメージになるかと思います。

 

すなわち、

 

・相手に貢献する

 

ためには、

 

段階に応じて、

 

・成長

 

する必要があると思いますので、

 

よろしければ、成長について、

 

・3つの視点

 

をご参考に、

 

・何となく

・さりげなく

 

確認してみてください。

 

■1つ目のポイントは、

 

・肌で感じた「力の違い」が「成長」を生む

 

ということです。

 

例えば、本を読むことで、

 

・こんな「考え方」があったんだ!

・こんな「捉え方」があったんだ!

・こんな「伝え方」があったんだ!

 

など、

 

本を通して、

 

「レベルが違うっ」

 

といったことを

肌感覚で、

実感することで、

 

・自分の現在のポジション

・自分の現在の取り組み方

 

など、

 

自分自身に矢印が向き、

 

・成長希望型の思考回路

 

が形成されます。

 

その他、例えば、

 

人と話すことで、

 

・そんなに「行動」しているんだ

・そんなに「投資」しているんだ

・そんなに「遊資」しているんだ

       ↑

 遊びも大切な要素でゴザイマス

 

など、

 

話を通して、

 

「レベルが違うっ」

 

といったことを

肌感覚で、実感することで、

 

・自分の現在のポジション

・自分の現在取り組み方

 

など、

 

自分自身に矢印が向き、

 

・成長希望型の思考回路

 

が形成されていきます。

 

もちろん、

相手との比較において、

意識し過ぎることは

ありませんが、

 

少なからず、

 

・力の違い

 

を感じることで、

 

・成長希望型の思考回路

 

が形成されていきます。

 

ですので、まずは、

 

・「刺激」を受ける

 

環境の整備が必要かと思います。

 

■2つめのポイントは、

 

・家族

・夫婦

・恋愛

・恩人

・大切な人

 

との時間をとることです。

 

えっ?

 

基本的に、

真顔で書いていますので、

 

一見、

矛盾するかもしれませんが、

 

家族や恩人・大切な人の存在は、

 

・仕事を成功させるためのエネルギー

 

でもあると思います。

 

えぇ。

 

・そもそも、

 何のために仕事をやっているのか?

 

・自分にとって、

 一番大切なことは何か?

 

・自分にとって、

 一番大切な時間は何か?

 

といった、

 

原始的ではありますが、

 

・成長希望型の思考回路

 

の根源に触れることができます。

 

責任感に比例して、

 

・充電を含め奮い立つ

 

きっかけになるかと思います。

 

■3つめのポイントは、

「学習する」ということ視点です。

 

えっ?いまさら?

 

まぁ当たり前ではありますが、

少し掘り下げて考えますと、

 

「学習」とは、

 

文字通り、

 

・学んで復習すること

 

ですので、

 

「学んだこと」を

「復習」するといった

 

環境の整備・習慣が

成長促進のおいて

大切な観点になるかと思います。

 

例えば、

身近な学習方法(環境)として、

 

・日報(日記)

 

があります。

 

基本的に、

その日の出来事などを

 

・振り返る

 

かと思いますので、

 

本日、

 

・良かったこと

・反省すること

・新たなに気づいたこと

・キーワード

 

など、

 

今日学んだことを

「復習する」

ことになりますので、

 

実質、成長に向けた

 

・高速PDCA型

 

の思考回路が形成されていき、

「学習」することができます。

 

もちろん、

他にも様々な考え方は

あると思いますが、

よろしければご参考ください☆

 

ということで、

 

今回は、

「例えば、3つの視点から成長を考える」

についてご紹介いたしました。

 

今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

何か1つでも参考になっていれば幸いです。